◆新着情報‎ > ‎

10/22~24湘南ひらつかテクノフェア2015出展

2015/10/26 18:51 に 日本防水工法開発協議会 が投稿   [ 2015/10/26 19:01 に更新しました ]

 保証防水工業所は、3年連続テクノフェアに出展しました。屋上防水エアーコントロール工法、冷えルーフを中心に好評を得ました。特に、マンションにお住まいの方からのご質問で、「最上階の部屋が暑い」「大規模改修を検討している」等が多く寄せられました。

屋上防水エアーコントロールとは、防水層内に空気層を設け、その中に空気を循環させ、躯体、断熱材の熱・湿気を取り、省エネ、躯体の長寿命化に貢献する技術。
冷えルーフとは、金属折版屋根にシートをかぶせ、夏は、20℃程度屋根温度を下げ、冬は6℃程度保温する画期的な工法です。遮熱塗料と比べても、低コストで施工可能。しかも長く使える工法です。

ブース内容

【簡易温度比較テスト】
左が従来工法(80.4℃)、右が屋上防水エアーコントロール工法(58.4℃)となっている。

Ċ
日本防水工法開発協議会,
2015/10/26 18:52
Ċ
日本防水工法開発協議会,
2015/10/26 18:51
Comments